FC2ブログ

Entries

一路クロアチアへ〜ラストケ村(クロアチア旅)

リヨン話が終わったばかりですが、フランスはpont(橋)と呼ばれる飛び連休中なので、思い立ってクロアチアに行ってきました。
パリ〜クロアチアは、飛行機代も安くてフライトも2時間かからないご近所でした。

初めて乗ったクロアチア航空で出た軽食。
20180510031636484.jpeg
モソモソとしたパンと、オレンジジャムの挟まった甘いチョコケーキ。
そしてなんだかわからない、謎のサラダ。でも美味かった。

到着したザグレブ空港はというと…人がいない
20180510031638d05.jpeg
夜21時くらいに着いたせい?

到着した翌日、朝8:45。
プライベートツアー用の車で迎えに来てくれたスティーブさんに連れられ、今回の旅行の目的の1つである国立公園に向かいます(オーストラリアから来たご年配のご夫婦も一緒でした)。

途中、水が豊かなことで有名なラストケ村に立ち寄ってくれました。
201805100316409c3.jpeg
この旅、天気予報ではなんと毎日雷雨
大丈夫なのか、空が怪しい。
でも運が良いことに、降らない。
201805100316437c1.jpeg
昔はこの村、家の中にも水が流れていて水車を回して粉を引いていたのだそう。水は今も流れている
「人が普通に住んでいる」というよりは「大切に保存している」という感じでした。

写真がヘタクソで残念なのですが、実際はファンタジーの世界に出てきそうな可愛い村です。
201805100620393d7.jpeg
とてもとても小さな村でなーんにもない(笑)
只々綺麗で素朴な景色がそこにありました。
2018051006203805c.jpeg
小人でも住んでいそうなこの村。
お天気の良い日に本でも読みながらコーヒーでも飲んで過ごすのが一番贅沢な時間かも。

でも大自然の凄さを知るのは、この後。
次回はプリトヴィツェ湖群国立公園からお送りします。
スポンサーサイト

コメント

[C1441]

クロアチアの小さな村の景色が素敵です。
素朴な暮らしがあったのでしょうね。(今も?)
  • 2018-05-10 13:47
  • nobotanさん
  • URL
  • 編集

[C1442]

クロアチア、憧れの地でした。
私がベルリンへ行った1993年頃、
内戦で多くのクロアチアの人達が
ベルリンへ難民として来てました。
その人達とは語学学校で一緒になりました。
今は平和になったクロアチア。
素晴らしい国として変化したのでしょうね。
  • 2018-05-10 19:06
  • 太巻きおばば
  • URL
  • 編集

[C1443] nobotan様

ラストケ村、とても小さくて30分あれば回れてしまうくらいなんですけど、可愛かったです。
そして水が流れているためか、寒い(笑)
冬は過酷な暮らしだったかもしれないですね。
  • 2018-05-15 16:01
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C1444] 太巻きおばば様

おばば様、ヨーロッパの歴史の変遷を実際にご覧になってこられたのですね。
すごいです。
クロアチアの人たちの穏やかな生活、これからも続いてほしいです。
とても素敵な国でしたよ。
  • 2018-05-15 16:06
  • シィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turenikki413.blog.fc2.com/tb.php/517-b91dc340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

シィ

Author:シィ
大きい息子(夫)と
小さい息子(8歳)の
3人暮らしです。
(ただいまパリ在住)

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR