FC2ブログ

Entries

リヨン旧市街のトラブール巡り

リヨン旧市街を散歩しました。
どこに行っても旧市街を歩くのは楽しいです。
20180425215903be1.jpeg
(旧市街のメインストリート、サン・ジャン通りの入口)
思えばパリでいう旧市街ってどこでしょうかね。あんまり考えたことなかったなぁ。

このサン・ジャン通りには、たくさんのお土産物屋やカフェだけでなく、実は”トラブール”と呼ばれる、この通りと別の通りを結ぶ抜け道があるらしいのです。
20180425215908268.jpeg
どの建物も普通に人々暮らしているので、通ることの出来ないトラブールや中庭に出るだけになっているトラブールもあります。
今回はそれを通れるだけ通ってきました。

なにせ入口が普通すぎて、入っていいのかダメなのかわかりません(笑)
他の人も若干自信なさげに入っていきます(笑)
20180425215904b24.jpeg
(未知との遭遇ではない)
途中まで入って躊躇していると、そこのアパルトマンの管理人がやってきて「通りたいの?通れるよ。いいよ。」なんて親切に声をかけてくれる場所もあったり。

トラブールのある中庭には、決まってこういう柱状の建物が立っています。
20180425215910b0e.jpeg
中は螺旋階段になっていて、登れるものもありました。

トラブールはルネッサンス時代に、もともとリヨンの名産だった絹織物を出荷するのに使ったり(雨の日も濡れない!)、レジスタンス活動の裏道に使われたりしていたそうです。
2018042521590639a.jpeg
確かにこの地域でかくれんぼをしたら見つからないでしょうね。
トラブールのおかげ(?)で、街の裏道が複雑です(笑)

こちらは牛肉通り(Rue Bœuf)にある有名なバラ色の塔に出るトラブール。
201804252159105ae.jpeg
青空に映えました。
普通は入れない(昔の)一般住宅の中庭を見学できるよう開放しているのも住民の理解があってこそ。
旧市街のリヨンの皆さま、ありがとうございました。

今回は3つだけアップしましたが、いろんなタイプのトラブールがあって面白かったです。
チビさんも迷路みたいで喜んでいました。子供は好きだね、きっと、こういうの。
スポンサーサイト

コメント

[C1427]

ヨーロッパでの暮らしは個人の自由が守られてること。
帰国してから日々心が疲れる日が多くなりました。
季節も良い季節になりますね。
湿度の低い夏日を懐かしく思います。
  • 2018-05-01 23:32
  • 太巻きおばば
  • URL
  • 編集

[C1428] 太巻きおばば様

ベルリン・パリ・東京、いずれも大都市ですが、人の生き方の速度が違いますよね。
私もフランスに来て、日本でいかに色々な事を我慢して過ごしていたか感じました。
私達もパリ暮らし、そろそろ終わりかなぁという感じです。大切にしたいと思います。
  • 2018-05-01 23:52
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C1429]

なんだか昔見た映画の一場面のような既視感がある街ですね。
いろいろな場所を見せていただけてうれしいです。
  • 2018-05-02 16:01
  • nobotanさん
  • URL
  • 編集

[C1430] nobotan様

石畳の旧市街はヨーロッパらしい街並みですよね。
私もこの景色の中を歩くのが大好きです。
もっと上手に写真が取れると良いのですけどネ(^^;)

最近は、あとどれくらいいられるのかぁと考えることも増えました。
  • 2018-05-03 20:31
  • シィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turenikki413.blog.fc2.com/tb.php/514-7ca5f8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

シィ

Author:シィ
大きい息子(夫)と
小さい息子(8歳)の
3人暮らしです。
(ただいまパリ在住)

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR