FC2ブログ

Entries

聖書ゆかりのエルサレム城壁周辺の地・前編(イスラエル旅)

エルサレム2日目。
この日は、城壁の外にある聖書ゆかりの場所を巡ってゆきました。

最初に向かったのは、エルサレム東側に位置するオリーブ山です。
20171215071423fe9.jpeg
歩くとかなり距離がありそうだったので、ホテルから山の上まではタクシーを使いました。
そこから、あちこちを巡りながら街まで歩いて降りてくるっていう作戦です。

オリーブ山といえば、聖書ではイエスがよく弟子たちを訪れた場所の一つ。
201712150714112c1.jpeg
(オリーブ山よりエルサレムを望む)
「終わりの日のしるし」について弟子たちと話したり、復活したイエスが天に戻ったのもオリーブ山だったと記されています。
”オリーブ山”というだけに、オリーブの木がたくさんと思いきや…西暦70年にローマ軍によって攻囲・陥落させられた際、当時のオリーブの木はローマ軍によってすべて伐採されたそうで…。
ちらほら生えているのも、後年に植えられたものだとか。

オリーブ山を降りると見えてくるのが、ゲッセマネの園と呼ばれる場所。
20171215071414e0a.jpeg
イエスがユダ・イスカリオテに銀30枚で裏切られ、捕縛された場所です。
現在は樹齢700年ほどのオリーブの木が数本生えており、雰囲気だけ伝わります。

実は、タクシーのウンチャンに
「この辺は治安が悪いから、ゲッセマネを見たら、一番近い門からすぐ街の中に入るんだぞ!」
と言われたのですが…

えへ。
来ちゃった。
ゲッセマネから歩いて数分、脇道に入ったところにあるキデロンの谷
20171215071417d2d.jpeg
息子アブサロムに命を狙われた王ダビデが、泣きながら裸足で歩いて渡った場所。
人通りがほぼ無くて、夜は絶対歩けません。

この谷の道沿いには他にも色々あるのですが、それより気になったのが、その斜面の一部に連なる家。
20171215071415772.jpeg
ちょっと逆光でわかりにくいのですが…
新しい家が、古い家の上にどんどん乗せて造られてるのわかります?
下の方は「洞窟?住居??」と思うほど古いです。いつのものなんでしょう。

感慨深げに歩いていたら、地元の子供たちがかなり上の方から
「どこから来たのー!?おーいおーい」
と英語で声かけてきました。
手を降ったら、すごい喜んでました。
3人家族・子連れの東洋人が、ここを通ることはめったにないんでしょうね…(笑)
スポンサーサイト

コメント

[C1315] 夢旅人様

お返事遅くなりました。
イスラエル、今はなんだか大変そうですね。私たちが訪れていたときは比較的平和で、地元の方も「今が一番観光客が多くて忙しい」と喜んでいおられましたが、今は大丈夫なのでしょうか。

遅筆なせいで、なかなかパリのこと書けず…スミマセン…(=_=;)書きたい書きたいと思いつつ、もうちょっとイスラエル続きます。
  • 2017-12-30 05:31
  • シィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turenikki413.blog.fc2.com/tb.php/488-31bf14ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

シィ

Author:シィ
大きい息子(夫)と
小さい息子(8歳)の
3人暮らしです。
(ただいまパリ在住)

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR