Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C774] ルーブル美術館

わたしもここがお落ち着く場所の一つです。

最近
ダヴィンチコードを見直して
ルーブルのグランドサルが昔のままで
撮影されていたのにもほっとしました。

  • 2016-11-01 07:37
  • ヴェルソ
  • URL
  • 編集

[C775] ルイ

孫の名前の流衣。。日本では女の子の名前 揶揄されることもあったらしいです。
でもそれを救ってくれたのが ルイ王様の名前 oh~恐れ多いね。 
チビちゃんのホットする場所がルーブル美術館なんて
どんな青年へとなっていくのでしょう・・

[C776]

ルーブル、絵画鑑賞だけで終ってました。
宮殿時代の城壁が有るのは知りませんでした。
凄く存した気分です~(笑)

曇りの日々が続いてたので
チュイルリー公園の人々の気持ちが
分りすぎるほど分ります。
太陽に感謝ですよ~
  • 2016-11-01 14:35
  • 太巻きおばば
  • URL
  • 編集

[C777] ヴェルソ様

ヴェルソ様もたくさんルーヴルに通われたのですね〜。
フランス語が堪能だと、展示品1つ1つをもっと理解できるのでしょうね。羨ましいです(^^)

ダヴィンチコード、実は見ていなくて・・・詳しく分からなくてごめんなさい〜。
  • 2016-11-01 19:12
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C778] 六花様

お孫さんのお名前がルイさんなのですね!
チビさんのお友達にもルイ君、います〜。可愛い名前ですよね。

チビさん、この経験を大きくなっても覚えていてくれると良いのですが。うーん。
  • 2016-11-01 19:15
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C779] 太巻きおばば様

宮殿時代の場所は、少し前は近代アートがメインに展示されていました(良さが半減・・・)
展示の仕方を時期によって変えているのかもしれません。

パリは今日も晴れ!
でも来週から寒い雨・・・・日本に逃げます(笑)
  • 2016-11-01 19:19
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C780]

お宅のおチビさんは、ルーブル美術館へ来るとホッとするなんて本当にすごいですね。
  • 2016-11-02 10:23
  • nobotanさん
  • URL
  • 編集

[C781] nobotan様

いえいえ・・・単に何度も足を運んだので、慣れ親しんだ場所になっていたのだと思います。
美術館独特の雰囲気もありますしね。
恵まれたことです、日々感謝を忘れないようにせねば、と思っています。
  • 2016-11-04 08:02
  • シィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turenikki413.blog.fc2.com/tb.php/382-d0f15d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6歳児と行くルーヴル美術館

珍しく一日中晴れた今日、ルーヴル美術館の年間パスの期限も近づいているのもあって、午前中の用を済ませると、チビさんとルーヴルに出かけました。

もう10回以上、巡ったルーヴル。
だいたいどこにどんな絵があって、どんな展示物があるのか、覚え始めていました。
チビさんにいたっては
「ここにくると、なんだかホッとする〜」と言うまでに(=_=)

なので、今回はSullyの半地下階にあるルーヴルそのものの展示へ。
20161101041551cce.jpeg
(現在のルーヴルと、チュイルリー公園の模型)
ルーヴル美術館がもともと宮殿だったのは知っていましたが、かなりの年月をかけての改築・増築されていたのは、初めて知りました。

ここは、最初の宮殿時代の城壁。
確か、12世紀フィリップ2世の時代。
2016110104155224b.jpeg
その頃はもっと素朴な(?)建物で、宮殿というよりは“要塞”といった感じでした。
こうして現在、歩ける部分は、本来はセーヌ川から水を引いたお堀の部分です。

当時は、一部を牢獄として使っていたせいもあるのか、どことなく・・・暗い。
2016110104155327f.jpeg
なんとなくモンサンミッシェルを彷彿とさせる暗さがあります。

そんな時代を終え、14世紀シャルル5世の時代には、さらに上からもっと装飾的な宮殿部分が追加されます。
その後も増築を重ね、白タイツの王様(笑)ルイ14世が宮殿をヴェルサイユに移動させた時に、ルーヴルの宮殿としての役割は終わり、美術館へと移行していったのだとか。

フランス語がわからなくても、これくらいは理解できるようなCGを使った上手に展示。
素晴らしい〜。展示担当さまを褒めたい(笑)
というか・・・基本的な事も知らずに通い続けて申し訳ない・・・。

最後に今日のおまけ
なごむ人が多すぎる夕方のチュイルリー公園。
20161101041555441.jpeg
(人の多さからどれくらい晴れていたか、ご理解いただけると思う)
まぁ、秋のヴァカンス中だしね。人も多いよね。
スポンサーサイト

コメント

[C774] ルーブル美術館

わたしもここがお落ち着く場所の一つです。

最近
ダヴィンチコードを見直して
ルーブルのグランドサルが昔のままで
撮影されていたのにもほっとしました。

  • 2016-11-01 07:37
  • ヴェルソ
  • URL
  • 編集

[C775] ルイ

孫の名前の流衣。。日本では女の子の名前 揶揄されることもあったらしいです。
でもそれを救ってくれたのが ルイ王様の名前 oh~恐れ多いね。 
チビちゃんのホットする場所がルーブル美術館なんて
どんな青年へとなっていくのでしょう・・

[C776]

ルーブル、絵画鑑賞だけで終ってました。
宮殿時代の城壁が有るのは知りませんでした。
凄く存した気分です~(笑)

曇りの日々が続いてたので
チュイルリー公園の人々の気持ちが
分りすぎるほど分ります。
太陽に感謝ですよ~
  • 2016-11-01 14:35
  • 太巻きおばば
  • URL
  • 編集

[C777] ヴェルソ様

ヴェルソ様もたくさんルーヴルに通われたのですね〜。
フランス語が堪能だと、展示品1つ1つをもっと理解できるのでしょうね。羨ましいです(^^)

ダヴィンチコード、実は見ていなくて・・・詳しく分からなくてごめんなさい〜。
  • 2016-11-01 19:12
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C778] 六花様

お孫さんのお名前がルイさんなのですね!
チビさんのお友達にもルイ君、います〜。可愛い名前ですよね。

チビさん、この経験を大きくなっても覚えていてくれると良いのですが。うーん。
  • 2016-11-01 19:15
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C779] 太巻きおばば様

宮殿時代の場所は、少し前は近代アートがメインに展示されていました(良さが半減・・・)
展示の仕方を時期によって変えているのかもしれません。

パリは今日も晴れ!
でも来週から寒い雨・・・・日本に逃げます(笑)
  • 2016-11-01 19:19
  • シィ
  • URL
  • 編集

[C780]

お宅のおチビさんは、ルーブル美術館へ来るとホッとするなんて本当にすごいですね。
  • 2016-11-02 10:23
  • nobotanさん
  • URL
  • 編集

[C781] nobotan様

いえいえ・・・単に何度も足を運んだので、慣れ親しんだ場所になっていたのだと思います。
美術館独特の雰囲気もありますしね。
恵まれたことです、日々感謝を忘れないようにせねば、と思っています。
  • 2016-11-04 08:02
  • シィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turenikki413.blog.fc2.com/tb.php/382-d0f15d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

シィ

Author:シィ
大きい息子(夫)と
小さい息子(7歳)の
3人暮らしです。
(ただいまパリ在住)

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。