FC2ブログ

Latest Entries

チビさんとりんごジャム作り

今日からチビさんの学校は、ミッド ウィンター ホリデーだとかでいわゆる”第2回冬休み”で10日くらいの連休です。
アメリカはもちろん宿題はありません。
宿題を出すと「休みなのに!!」と保護者から訴えられちゃうんだって。

先日コストコで大量に購入した”ふじ”が思いのほか美味しくなかったんです。
美味しくないりんご、どうしようと思って。
201902160213283ec.jpeg
時間もあるし、チビさんもいるし、でジャムにすることにしました。

皮だけ剥いてあげて、あとはチビさんにお任せ。
20190216021331eed.jpeg
私は横に立って、チビさんに「はい、切る。はい、次はレモン。」と指示するだけ(笑)

家庭科の授業だと思えば、時間も気になりません(笑)
201902160213337ac.jpeg
お砂糖がサトウキビしかなくて。
出来上がりは真っ黒になっちゃいましたけど(^^;)、とりあえず朝食のヨーグルトにかけて食べています。
20190216021330333.jpeg
(決して”切り干し大根”ではない)
捨てればゴミ。
食べれば栄養。
まだ2つあるんですよ、どうしたものかな…。
スポンサーサイト

よく見かける鳥たち

よく見かける鳥たち、写真を撮ったら覚えるかしらと思って、携帯のカメラで(あまり期待できない)写真を撮ってみました。

一番よく見かけるのは、この子。
ユキコサギ。
201902101533209e1.jpeg
初めて見たときはダイサギと区別がつかなくって(笑)
よく頭がボサボサに立ってるので、チビさんは勝手に「ねぐせ」と命名していました。

で、これがダイサギ。
20190210153324485.jpeg
わかってみれば、大きさもくちばしの色もぜんぜん違う(笑)
迫力があるのでもっと近づいて見たいのですが、警戒心強い子です。

この子は、ペンギン。
201902101533211bb.jpeg
じゃなくて、たぶんホオジロガモ。
でも最近見かけないんですよ。
代わりに、また少し模様の違うペンギンのようなカモが来ています。

たまに見かけるオオキアシシギ。たぶん…
20190210153322c94.jpeg
コキアシシギという鳥もいるらしいのですが、体長が違うらしい。
でも素人だから、横に並んで比較でもしてくれないとわからない(笑)
くちばしの長〜いアメリカオオキアシシギというのもいるらしい。
もうさっぱりわかりません。
シギです、シギ(笑)

他にもカモメやアオサギ、少し前からオオバンも見かけます。
カナダ雁もいますが、ここは暖かいので渡りをせず、一年中いるんだそうです。
今度写真撮りたいなぁ。

今日のおまけ
雨と晴れが交互にあるので、また虹を見かけました。
201902051438558c2.jpeg
よく見ると二重の虹です。

カリフォルニア科学アカデミー

少し前の週末、サンフランシスコシティの南にある科学アカデミーに行ってきました。
ゴールデン・ゲート・パークという大きな公園の中にあります。
20190201170730130.jpeg
建築はレンゾ・ピアノ。
彼の作品は、フランスではパリのポンピドゥー・センターやロンシャン礼拝堂のビジターセンターなどでも見かけました。
アメリカで見るのは初。
20190210144115a33.jpeg
(科学アカデミーの屋上庭園)

プラネタリム・熱帯雨林植物園、水族館、動物の剥製や自然界に関する展示がものすごく充実。
20190201170735e3e.jpeg
左側に見える球体の中が、熱帯雨林植物園。

ぐるぐると周囲を回りながら植物や動物を観察します。
20190201170738cfb.jpeg
(最初のフロアにいたオウム。おとなしい)
私達が訪れた日は、熱帯の蝶をたくさん入れた日だったそうです。

見て見て、羽が透明な蝶!!
羽の向こうが透けて見えます。
20190201170732a76.jpeg
隣のマダムも「透明な羽なんて初めて見た!!」と感動していました。

こちらは白いワニ。
流行りのアルビノ。でも全然動かない。
20190201170736bf0.jpeg

地下にある水族館も広いです。
2019020117073371b.jpeg
アミューズメントパーク顔負けの演出がされていました。

ここ、展示が非常に工夫されていて、とっても楽しい場所だったのですけど、駐車場難民と入場料の高さはピカイチ(苦笑)
これがなければなぁ。

アメリカで食べてる普段の料理 その2

先日、学校でPTA主催の”読書週間”的な何かがあったのですが、毎週月曜、グラウンドで行われる全校朝礼のときに「読書力アップのため」にパイ投げがありました。
アメリカンジョークだったのでしょうか。
未だにアメリカのノリに付いて行けていません…(=_=;)

さて、アメリカうちごはん2回目。

・フェジョアーダ
・自家製レモンスカッシュ
・芽キャベツのアンチョビ炒め
201902041522571bf.jpeg
ブラジル人を夫に持つフランス人の友達から教えてもらった、豚肉や豆を料理。
無農薬のレモンをもらったので、はちみつ漬けにしました。

・漬け丼
・なめこの味噌汁
201902041522583e8.jpeg
日本食材店でお刺身が手に入るので、漬け丼にしました。
外で食べたらべらぼうに高いですからね。自宅が一番。

・サーモンといんげんのソテー
・ジャガバタ
・トマトとアボカドのサラダ
2019020415230035d.jpeg
コストコでじゃがいもを買ったのですが、コレがすんごい量で…。
頑張って消費中。

・砂肝とアスパラの炒めもの
・野菜とハムのマリネ
・鶏ハムとコリアンダーのサラダ
・サーモンのマリネ(友人作)
2019020415241861f.jpeg
友人宅で飲み会をした時に持っていった料理。
砂肝がとても安いので、時々買います。今度焼き鳥してみたいな。

・焼き肉
20190204152458a79.jpeg
少し広めのベランダがあるので、外でキャンプ用の小さいプレートで焼き肉。
ちょっとしたキャンプ気分です。

ベイエリアはしばらく雨続き。よく降るなぁ。

赤色探し

ちょっと前の写真になりますが、近所の赤色探しをしてみました。
チビさんとの通学路で、赤を先にたくさん見つけた方が勝ち、というゲーム。
20190201171213714.jpeg
最初に見つけたのは、紅葉した木。

次に目についたのは赤い木の実。
20190201171211bb4.jpeg

赤い花も。
20190201171210256.jpeg
結局うやむやになって、どっちが勝ったのか分からなくなりましたが、チビさんとはいつも学校の話をしながら鳥探しゲームやキノコ探しゲームをしたり、しりとりしながら下校します。
こんな他愛もない時間も、きっと将来貴重な思い出になるのだろうなぁ。

今日のおまけ
その日の赤い夕焼け。
201902011712143e9.jpeg
電線がある景色って日本みたいですよね。

アメリカで食べてる普段の料理 その1

パリ在住中にやっていた普段のご飯の記録。

アメリカに来てから3ヶ月経ちますが、未だに食材がいまいち上手く扱えてなくて。
パリで買っていたものと同じような食材を買っても、全然味や食感が違うんです。チーズは特に(T_T)

フランスは、野性的で香りの強い食材そのものの味。
肉も獣臭く、野菜や果物もムラがあります。基本、塩味。
アメリカは、クセがなくほとんど日本と同じ。ただ量はとにかく多い(笑)
既成品は、どれもガーリック風味や塩辛いものが多いのも特徴。

正直、食文化に関してはやっぱりフランスのほうが進んでいると実感します。
好みもあるかもしれないけど。

・ソーセージ
・サラダ
・バゲット
・ヨーグルト
20181208131628180.jpeg
今の家に引っ越してきて、最初のブランチ。
料理とも言えない料理(笑)
アメリカのバゲットは、日本のバゲットに酸味を足したような感じ。

・牛肉と牛蒡の煮込み
・いんげんのソテー
・バゲット
・ワッフル(デザート)
20181208131627030.jpeg
チビさんたっての希望で、ワッフルマシーンを買いました。
小腹がすいたときに結構活躍しています。

・クスクス
20181208131630bfd.jpeg
結局フランスのものが食べたくなるんですよ。
だって3年もあっちの物食べてたら、細胞はあっちの食材で出来てるでしょ(笑)
でもクスクスの粉が手に入らず、自分で調合。
最近はだいぶスパイスも増え、上手く作れるようになりました。

・ゴーヤチャンプルー(おまけでカボチャ煮)
・トマトとコリアンダーのサラダ
201812081316318e7.jpeg
夫が出張中のチビさんとの食事。
豆腐は普通のスーパーでも扱っているので、パリ時代より簡単に入手できます。

こんな調子なので、以前のように大人数で食事会できるようになるまでは時間がかかりそうです。

今日のおまけ
うちの近所にいた猫。
20181208131633ac0.jpeg
ゴローン。

パリではあまり経験のなかったことの一つ。
それは『霧』
201901161546407c0.jpeg
(通学中)
朝たまに霧のすごい日があるんです。
7時くらいからモヤモヤし始めて、あっという間に真っ白。
20190116154639d7a.jpeg
(霧深い日でも鳥たちは健在)
サンフランシスコの方に行くと、もっとすごいんだって。いや、これでも十分すごいと思ったけど

こちらは打って変わって、晴れた日。
20190116154642637.jpeg
気持ちよく晴れた日は、チビさんと遠回りして帰ります。
こちらに来て初めてアオサギに会いました。
20190116154643bf0.jpeg
ほんと動かない…。
最初、看板かと思いましたよ。

今日のおまけ
昨日、夕方ウトウトしていたらチビさんが「ママ疲れてるから、今日のゆうはん作った」と言って、なんと一人で卵焼き(?)を作ってくれていました。
20190201171215e5d.jpeg
(しかもケチャップとパルメザンチーズ入り)
毎週水曜日は帰りが早いので、一緒にお昼ご飯を作るのですが、まさか一人で台所に立つとは!
びっくりしました。

アフガニスタン料理

先日、夫と一緒に『Kabul Afghan Cuisine』というアフガニスタン料理のお店に入ってみました。
20190129041452ca4.jpeg
こちらのお店って、正直言って外見「これって営業してるの?」という雰囲気なのですが、入ってみると以外に広かったりするようです。

夫が頼んだのは、羊肉のケバブ。
20190129041345764.jpeg
ケバブってトルコでもフランスでもイスラエルでも、なんでもどこでもある感じがするんですけど、本当はどこの料理なのでしょうね?トルコ??
奥に見えるは、アフガニスタンのパンだそうです。
表面がパリッとしていてほんのり甘いパンでした。

私が頼んだのは、Karmaという牛肉をトマトとスパイスで煮込んだ料理。
20190201030448acd.jpeg
これに白米とパンが添えられていました。炭水化物だらけ…

そしてデザートは、Firneeと呼ばれる『何か』。
201901290413484b3.jpeg
メニューの説明を見たときは、レバノン料理のバラの香りのするミルクプリンみたいなものを想像していたんですが、こちらはどちらかというと、『ういろう』に近いです。
キンキンに冷えた『ういろう』にピスタチオとカルダモンの粉が乗っていて、シロップがかかっているイメージで間違いないです(笑)

今日のおまけ
ハーフムーンベイで取れた巨大ウニ。
しかもそんなに高くない。
201901290438284dd.jpeg
人生で最も多くウニを食べました。
ウニ万歳!!!

Lake Chabot Regional Park

先週月曜日は、マーティン・ルーサー・キングの記念日だとかで学校がお休み。
家族で対岸のシャボット湖の辺りにある公園に遊び行きました。

主人の目的は、チビさんに釣りを体験させること。
2019012510365988c.jpeg
(マスが釣れるらしい。皆さん朝早くから釣りに来ている)
人生初の釣り竿を手にする息子。
お父さんに投げ方を教えてもらい、後半はだいぶ上手くなりました。
最終的に、ワカメが釣れました(笑)

この湖はボートにも乗れます。
201901251037040ba.jpeg
我が家は手漕ぎボートをチョイス。
201901251037018b2.jpeg
チビさんはここでも釣り。
遊歩道を歩いているおじちゃんに「ボウズ、でっかいの釣れたかぁ!?」と言われたそうです。
「言われたそう」というのは、私の方は、日向が気持ちよくてボートの上で寝ていたため。
爆睡でした。


散々釣りした後は、広場でフリスビー。
201901251037020b8.jpeg
パリでは出来なかった遊びがたくさんです。子供にはいい環境だなぁと思います。

今日のおまけ
下校中に野ウサギ!!
2019012510374165f.jpeg
ウサギおいし、かの山ぁ〜♬

オークランド動物園

少し前の話ですが、対岸のオークランド動物園に行ってきました。
こちらに来てから知り合った家族(親族一同?)と一緒なので、大人数です。
20181225065848660.jpeg
大人も「オークランド動物園はいいよ」とオススメしてくれるくらいの動物園。

どんなかな、と思っていたら、思った以上に動物たちがのびのびしていました。
2018122506584602c.jpeg
日本の動物園って、動物たちが狭いオリに入っていて…というイメージですよね。
それが無い。
いえ、もちろんオリはあるんですけど、それぞれがとても広くて”閉じ込められている”感があまりないんです。
2018122506585237a.jpeg
動物園の一部はケーブルカーに乗って行くほど。

動物園と言うよりは、野生動物の農場?のような(笑)
20181225065844a29.jpeg
(バッファロー農場?)

クマの空間も広くて、全力疾走しているクマもいました。
こちらは、数秒前までクマパンチし合っていたクマ達。
20181225065849cc0.jpeg
ちなみに、手前のクマの勝ち。

またある場所は、プチトランに乗りながら見学。
20181225065851d20.jpeg
ワラビー?でしょうかね…「カンガルーではない」としか聞き取れなかったので、わからず。
しかも線路の上からいつまでもどかないっていう…(笑)電車はずっと待つしか無い

午後から行ったら時間が足りなくて全部は回れませんでした(^^;)
20181225065845551.jpeg
(「おぬしはゆっくり来すぎなのだよ、もっと早く来なされ」という顔のカエル)
今度はもっと早めに行ってみようと思います。

今日のおまけ
夕暮れのサンフランシスコシティ
20190113105753b2a.jpeg

Appendix

プロフィール

シィ

Author:シィ
夫と息子(8歳)の
3人暮らしです。
(パリ暮らし3年を経て、現在カリフォルニア州在住)

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR