FC2ブログ

Latest Entries

アメリカで食べてる普段の料理 その10

昨日、2ヶ月ぶりに運転しました。
車内から見ただけですけど、街の方は、アレ?結構普通に暮らしてるのかなぁという印象です。
この辺に住んでいると、浦島太郎になりそう(笑)

・パエリア
20200511152602da1.jpeg
久しぶりのアサリが美味しくて感動。
サフランがなかったので、ターメリックで色つけ&ごまかし。

・タコス(?)
・メキシカン風の豆のスープ
202005111526053ee.jpeg
メキシカンの食材は安定して手に入るので、ワカモレもサルサも手作り。
スープには、大豆が入っているのですが、主人の実家からの日本産!貴重!!

・漬け丼と味噌汁
・焼き豆腐
2020051115260066f.jpeg
刺身クオリティの魚を入手。
この状況になってから、刺身はもうムリと諦めていたので嬉しい。

・ササミと野菜の揚げ浸し
・野菜炒め
・味噌汁とセロリの漬物
20200511152559f50.jpeg
逆に、冷蔵庫にこれといってめぼしい食材がなかった日。
あまり野菜を全部ツッコミました。

・タイカレーとセロリの漬物
20200511152603d4f.jpeg
カレーにする日は、日本カレーかインドカレーかタイカレーか、いつも悩む。
手羽元はアメリカではすごくお安いです。
スポンサーサイト



いない

1ヶ月くらい前のお話ですが、Shelter in PLaceになってからちょっと離れた所にあるカナダ雁の集まり場所まで歩いて行ったことがありました。
20200511151536d9b.jpeg
車で出歩いてた時は頻繁に前を通ってたので、久しぶりに集団を見たくなったんです。

炎天下をチビさんと二人で歩くこと片道3km。
20200511151949340.jpeg
往復6kmですからね。
水筒とお菓子を持って行きました。

やっと着いたー!と喜んだのもつかの間
・・・アレ??
2020051115153798a.jpeg
いない。
いつもは、ここにカナダ雁が大量に溜まっているはずなのですが…

考えてみれば、カナダ雁たちは出産直前。
みんな移動して、もっと安全な場所で卵を温めていたんですね。

ウロウロして、やっと見つけたカナダ雁。
20200511151539d9f.jpeg
しかも道の真ん中で、絶賛☆通路妨害中。

その後、数匹見かけましたが、やっぱり少なかったです。
みんなどこで卵を温めていたんだろう???

カナダ雁の雛の愛らしさ、だが…

カナダ雁の雛たち、すくすくと成長しています。
親と寄り添って一緒に食事中。
20200515083123b94.jpeg
ちょっと上向きの、この感じ。
2020051508312659a.jpeg
子供特有の幼さって、どの生き物にも共通してて可愛い。

そして後ろ向き。
202005150831282f2.jpeg
もはやぬいぐるみです。
まだ首が短い(笑)
お尻がチョイッと上向き。

可愛くて悶えていたら、どうやら近づきすぎたようです。
202005150831299ce.jpeg
右にいる親鳥がこちらをジッと見ており、ジワジワと近づいて来ます。
こちらもジワジワと下がるのですが、とうとう怒られました。
20200515083125f87.jpeg
シャーッ!!うちの子に近づくんでねぇ!!
ごっ、ごめんなさい〜〜〜

ハチドリ

今日は主人が撮り溜めてきたハチドリの写真でも。
私の携帯カメラレベルじゃ彼らの高速飛びは、とても捉えられません。
202005111515161c4.jpeg
日本にいる時は、「NHKで自然ドキュメンタリーで見た事ある」程度の認識だったハチドリ。

世界で一番小さいこの鳥は、自分の人生には無縁の存在だと思っていたのですが、アメリカに来たら、急にスズメやカラス並みに一般的な鳥になりました。
20200511151512688.jpeg
下を向くと、エリザベスカラーみたいにピンクの羽が開きます。
背中も玉虫色。

普段、このピンクも玉虫色もあんまりわからなくて、光に当たらないとただの灰色の鳥です(笑)
20200511151513325.jpeg
英名“ハミングバード”も鼻歌ような可愛い歌声から来ているのかと思いきや、声はジージーとちょっとダミ声(=_=)
ブンブン飛ぶ音から“ハミング”になったらしく、NHKを見ながら感じていたロマンはなくなりました…。

それでも、時折見える鮮やかな色は、やっぱり見事です。
20200511151515bdf.jpeg
太陽の方向に顔を向けて枝に止まっていたら色が綺麗なのに、いつも逆向き。
だからいつも灰色。
シャイなのか、ただ眩しいだけなのか。

やっぱり個人的には、高速で落ち着きなく飛び回るハチドリより、何事にも動じないカナダ雁の方が好きだなぁ。

アメリカで食べてる普段の料理 その9

少し前に、外出許可(買い出しやレクリエーションのため)の距離は、8kmから16kmに緩和され、一部の野外での職業は許可が降りるようになったようです。
でも、別にコロナウィルスが減ったわけでもなく、何も状況は変わっていないはず。
まだ外出する予定はありません。

・麻婆豆腐
・キムチ炒飯
・サラダ
20200509090426787.jpeg
キムチ炒飯はチビさんの大好物。
ウインナーさえ入っていれば(笑)

・豚肉とインゲンのソテー
・ポテトフリット
・スシソンとチーズ
20200509090432bf2.jpeg
週末になると、パリ生活時のような食事がしたくなります。
ポテトは冷凍をトースターで。

・鶏のフォー
202005090904275b1.jpeg
突然「麺類が食べたい」と言った夫。
パッタイ用の乾麺しかなかったのですが、なんとかフォーにしてみました。

・ズッキーニのポタージュ
・オイルサーディンのタルティーヌ
20200509090430404.jpeg
昼食の定番メニューになってきた、ポタージュとタルティーヌの組み合わせ。
この日は冷蔵庫がズッキーニだらけだったので、ズッキーニのポタージュ。

・クスクス
20200509090429384.jpeg
たまたまオクラをゲット。
この“たまたま”が大事。入荷のタイミングが合えさえすれば…。

それにしても、あづい…昨日今日と気温33℃です。
髪を切っといてよかった…。

セルフカット無理疑惑(写真は赤い花)

外出禁止になってから、困ったことが一つ。
それはヘアカット。
みなさんどうしているんでしょうね。

最後に切ったのは、オランダに行く前に立ち寄った日本なので去年の夏。
20200504120015af9.jpeg
暑いし、シャンプー使うし、乾かすの大変だし…ロングヘアーを楽しめるほど女子力高くない。
そして美容室はやってない。

母親や美容師の弟に「ねえちゃんにはムリなのでは…?」という疑惑をかけられながら、気合いでセルフカットすることに。
20200504115742df5.jpeg
(満開のブラシの木)
家にあるのは、事務用のハサミだけ。もちろんブラシはある
Youtubeの動画を見ること20本以上。
イメージトレーニングに2日(笑)
20200504115746cc0.jpeg
絵を描くのと一緒や!絶対できる!!と自己暗示をかけてから、カットすること2時間。

上手く出来ました!!!!
202005041157456fd.jpeg
一番後ろは難しかったので、主人にも手伝ってもらいました。
残念ながら写真は載せられませんが、もう今後はコレ(セルフ)でいいんじゃない?と思うくらいには上手く切れました。
いや〜面白かったです。
なんでもやってみるもんですね。

今日のおまけ
チビさんと作った巨大なペーパーフラワー。
202005041157434cb.jpeg
直径40cmくらいです。
ちなみに、真ん中の部分はキウイです(笑)

釣れました

家の周りに海につながった水辺が多いので、釣りしてる人の姿をたまに見かけます。
かくいう主人も、割と釣り好きです。
20200504115739e56.jpeg
(ソーシャルディスタンス1.8mはギリギリなのでは?)
ある時、「海でも釣りに行ってくる」と出かけた主人。

しばらくすると「釣れました」とメールが。
20200504115737a88.jpeg
エイ!!
口元には、夕飯のおかずに使う予定だったエビが…。
20200505021750130.jpeg
いや、エビ咥えてるエイすごい可愛いけど(笑)

他にも、サメも釣れたようです。
20200504115736327.jpeg
これを見たチビさん、やりたくて仕方ありません。

週末の早朝、早速今度はチビさんと二人で釣りに出かけました。
(もちろん私は寝てました)
202005050212526d8.jpeg
(エイはキュウキュウ鳴くらしい。でも毒針に注意)
だんだん明るくなっていく海辺でパンと温かいお茶の朝食を取り…とうとう釣れたエイ様。
チビさん、大フィーバー。

でも実は前日釣りに行った時に、釣竿ごと持って行かれたんです。完全に力負け。
回収できないかしら…と潮の引いた午後に様子を見に行ったのですが
20200504115740c6b.jpeg
ひたすら遠浅で、釣竿の姿、確認できず。あー…

ちなみに、ここいらで釣れる魚には食べられるものもあるらしい。
キャッチ&リリースしましたが、食糧難になったら本気で行ってもらおう。

アメリカで食べてる普段の料理 その8

運動不足を解消すべく、任天堂のRing Fitなるゲームを家族で始めました。
20分足らずで汗ダクダクです。
おなかどうにかしたい、おなか(T_T)

・麻婆豆腐
・海藻の中華風サラダ
・コーンスープ
20200503052409be2.jpeg
なんか注文を間違えたらしくて、キャベツが3つも冷蔵庫にいます。
いろんなものに使ってます。この時はサラダに。

・生姜焼き
・ヤムイモの味噌汁
・セロリと人参のきんぴら
・アスパラのソテー
20200503052412966.jpeg
常備菜のソテーときんぴらは、チビさん作。
サツマイモの代わりにヤムイモを使ってます。

・豆とチキンのメキシカン風の煮込み&目玉焼き
・ズッキーニの漬物
2020042406483117e.jpeg
何を作ろうか悩みながら作っていたら、よくわからないものが出来ました。
でもまぁ食べられました。

・親子丼
・スナップエンドウの味噌汁
・アスパラのミニサラダ
20200503052413fc2.jpeg
卵より鶏肉の方が多いっていう、日本じゃ考えられない親子丼。
高タンパク…低糖…って考えてたら、こうなった…。

1週間分のメニューを紙に書いて冷蔵庫に貼って、それに従って作ってるはずなんですけど。
その時の気分って、やっぱりありますよね(笑)

カナダ雁のヒナたち

お散歩に出ると、カナダ雁ファミリーに会うことが増えました。
昨日だけで3家族。

こちらは仲良く2家族が一緒に食事中。
20200430013438a02.jpeg
たまに、威嚇し合っている別ファミリーも見ます。
馴染みのないファミリーと…ご近所付き合いのあるファミリーと…彼らにも鳥事情があるのかもしれません。

親鳥と同じようにガツガツ食べ続けています。
202004300134390bd.jpeg
子を見れば親がわかるってやつですかね(笑)

こちらは少し歩くとすぐしゃがんでしまうヒナ達。
202004300134416a6.jpeg
さっきガツガツ組より一回り小さかったので、まだ生まれて間もないのかも。

親の後を付いていくだけで必死なお尻。
20200430013436925.jpeg
最近カナダ雁ばっかり観察していてわかったことが。

求愛の声「ガ、ガ、ガァアアー!ガ、ガァアアー!!」(甲高い声で)

仲間同士で警告し合う声「ガー!ガー!ガー!」(でかい声でひたすら繰り返す)

相手(カナダ雁同士)を威嚇する声「ガー…ガー…ガー…」(低く)

相手(人間)を威嚇する声「シャアァァ〜」(猫のよう)

親鳥がヒナを呼ぶときの声「ガー、ガー、ガー」(警戒声に似てる)


しかし、自分は一体どこを目指しているのか…
チビさんのカナダ雁の鳴きマネも板についてきました。

鳥のソーシャル・ディスタンス

3月13日を最後に家を出なくなってから、1ヶ月以上経ちました。
まだスーパーにさえ、一度も行ってません。

こちら、散歩中に出会ったカナダ雁。
20200412120742255.jpeg
つがい&出産ブームの中、一人で歩いていました。
まだお相手が見つからないのかしら。
最近、1匹で歩いているカナダ雁を見ると、親戚のお見合いを設けようとするオバちゃんの気持ちになります。

こちらもお一人様でしたが、カモのつがいが一緒。
2020041212074557b.jpeg
綺麗に整列して、小・小・大。
距離間も守れてて、スーパーの入り口に並んでるみたい(笑)

鳥もソーシャル・ディスタンス守ってるせいでしょうか、ベイエリアの感染者数は減少傾向にあるようです。
20200412120741aa7.jpeg
オンラインでの買い出しや授業にも慣れて、今のスタイルの生活が定着しつつあります。
これで外出禁止令が解かれたら、元の多忙な生活リズムに戻れるかしら…(=_=;)

今日のおまけ
こちらは週末の都内の商店街…じゃなかった。
202004230212330a7.jpeg
干潟で食事中の集団シギ。
ちょっとちょっと、ソーシャル・ディスタンス守りなさいよ〜!

Appendix

プロフィール

シィ

Author:シィ
夫と息子(9歳)の
3人暮らしです。
(パリ暮らし3年を経て、現在カリフォルニア州在住)

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR